News

88:hachi hachi

 先日、オレゴン州ポートランドを拠点としているUNIT SOUZOUの88コンサートへお邪魔しました。
UNIT SOUZOUについてはこちら→http://jp.unitsouzou.com

Toru Watanabeさん、Michelle Fujiiさんの2人 で50分のShow、夫婦、男女間、彼らの人生を太鼓とダンス(ダンスという一言で表す表現はちょっと違うと思いますが、言葉が思いつきません。)、歌など私が今まで見てきた太鼓とは良い意味でかけ離れていました。
しかしわらびさ座で叩き込まれている「土台」は本当にしっかりしており動作は綺麗!

 頭ではなく肌で感じた彼らの世界観。
表現する方法は千差万別。このShowを見て「表現」を考えさせられた有意義な時間でした。
益々の彼らの活躍が楽しみです。UNIT SOUZOU!!

太鼓の張直、張替

 長胴太鼓の張直、張替の依頼を受けました。
製造から10年以上たっていますが、非常に大事に使っていただいてます。

 アメリカの太鼓文化はサンフランシスコの田中誠一さん非常に大きな影響を与えており、ほとんどの太鼓チームは斜め打ちが基本となっています。
こちらとしては鼓口打つ事はあまり良くないですが、一つのスタイル、文化ですね。カンっという音を使って面白い曲たくさんあります。
斜め打ちに対応する為、胴の厚みをだしたりと造り手側も試行錯誤してきました。胴に革をはったりしてプロテクトもしてある太鼓もあります。
でも大前提にあるのは太鼓を大事に取り扱いをしてくださいね。

Odaiko WS with Isaku Kageyama

Participants will learn fundamental Odaiko techniques such as grip, stance, and stroke.
Focus on creating powerful, dynamic motion and producing a solid sound.
Learn the composition “Agari Yatai” by Yoichi Watanabe (https://www.youtube.com/watch?v=ZIwo_LWBj-8#action=share), founder of Amanojaku.
Sign up→http://taiko.la/event/odaiko-workshop-isaku-kageyama-0

影山伊作さんのWSをASANO TAIKO U.S.で開催する事になりました!
「いい音を出す」是非体感して欲しいですね。

EXTASIA2015 VideoⅡ

カルフォルニアの気候が嘘みたいな日本の夏。
猛暑日が続く中UnitOneが白山国際エクスタジアへ出演しました。
UnitOneの太鼓は「太鼓を鳴らす事」「打ち込む」それが基盤としています。

基礎練習はとても大事。派手な動き、難しいリズムも大事ですが、まずは太鼓を鳴らす事を意識しましょう。太鼓を打たない私が言うのもなんですが。。。。

久々のエクスタジアの熱気と温かさに懐かしさがこみ上げてきました。
数多くのボランティアスタッフとプロスタッフに支えられているこのイベント。いつかこのアメリカでも行いたい。いや行う!
アメリカの太鼓、日本の太鼓、お互い刺激になれば、太鼓界はもっともっと盛り上がる!盛り上げよう。
と思った白山国際太鼓エクスタジアでした。

North American Taiko Conference 2015

ラスベガスで行われたNATC2015。
2年に一度行われるこのコンフェレンスに全米から太鼓愛好者が集まります。
今年はうちのチームのUnit OneがTaiko Jamに鼓童の小島千絵子さん、マウイ島のZenshindaikoさんと一緒に演奏させて頂きました。
千絵子さんの花八丈から観客を魅了し、Zenshindaikoの四段打ちで圧倒。2曲目でしたがStanding ovation。技術力、完成度、エネルギー、魂に大きな衝撃を受け、私がUSでの役割や方向性など色々と悩んでいましたが、彼らの演奏を観てすべて吹っ飛びました。
こういったチームを生みだしたいと強く思います。
今後のアメリカ太鼓界のさらなる発展がとても楽しみになったNATC2015でした。
運営にあたりスタッフの皆さん、ボランティアスタッフの皆さん、本当に本当にお疲れさまでした。
ありがとうございます!
See you soon!!